屋形船は食事や宴会に最高!楽しく過ごそう

屋形船は宴会や食事にぴったりで、楽しく過ごせます

屋形船は会社や仲間と貸し切ったり、あるいは乗合で楽しめる動く宴会場です。例えば船によっては飲み放題、旬の味を生かした料理のコース、カラオケ、ビンゴ大会など思い思いの楽しみ方が出来ます。船に調理人が乗り込んで調理するので、あげたてのアツアツの料理や手間暇かけたこだわりの味が楽しめるのです。船の設備も豪華でゆったりすごせますよ。最近は海外からのお客も増えているので、多言語対応可能なスタッフが船に乗る事もあります。

屋形船に乗って四季を楽しもう

屋形船にのって季節ごとの、旬のみどころを楽しむという粋な観光ができます。たとえば、春はお花見です。隅田川沿いにそって美しく咲く桜の花を見ながらゆっくり春を楽しむというのは実に日本人らしい観光です。また夏は花火大会が良く見えます。スカイデッキから海上に上がる花火をみつめて、夏の風物詩を楽しむというのもとても楽しい時間です。その他スカイツリーやレインボーブリッジなど名所をめぐる旅は、心にのこる感動の旅になるでしょう。

屋形船でウェデイング!感動の喜びに浸る

屋形船を借り切って、カップルが自分たちだけの感動の結婚式を行なうことができます。周りはどこまでも続く海と青い空、さわやかに吹く風が二人を歓迎します。教会や神社ですでに式をおこなったあと、披露宴を屋形船で行うカップルもいれば、挙式も全て船の上で行うカップルもいます。まったく二人の思いのままにできるのが屋形船の良い所です。一味違った結婚式は、招待された方も招待した方も、生涯忘れることのできないイベントになるでしょう。

屋形船は季節を問わず一年中楽しむことができます。これからの季節は船から花火を鑑賞するのが日本の夏を思わせ風流です。


長持ちさせるためにはどうすれば?機械式時計の手入れ方法

ゼンマイを毎日巻いてあげる

機械式時計はとても微細な構造をしています。ちょっとのことでも壊れてしまうことがあり、手入れには十分な注意が必要です。手巻き時計の場合はなるべく毎日ゼンマイをいっぱいまで巻いてあげるようにしましょう。とりわけ婦人用の場合、ゼンマイがいっぱいまで回りきらずに止まってしまっている場合もあります。といって、力を込めて巻き過ぎてしまうとゼンマイが切れてしまうということも考えられるので、ゼンマイを巻くときは優しく巻いてげましょう。

機械式時計を修理に出すときには

定期的なメンテナンスのために機械式時計を修理に出すときは、必ず優秀な時計職人がいる専門店に依頼するようにしましょう。機械式時計の複雑なつくりは、慣れていないと修理をすることによって状態が悪化してしまうなんてこともあります。オーバーホールの仕方も優秀な時計職人がいるかどうかで結構変わってきます。時計を分解するときにすべての部品を分解することができないということもあります。信頼ある時計専門店にメンテナンスを依頼するように心がけましょう。

どのくらいの周期でメンテナンスが必要か

機械式時計はたとえ日常的に使っていなくとも、小さな部品の一部などに劣化が生じているものです。したがって、定期的にメンテナンスをすることによって、時計の寿命が決まってくると言っても良いのです。だいたいふつうの機械式時計は、およそ3年くらいの周期でメンテナンスに出す必要があります。放っておくと部品と部品が擦れて摩耗したり、油が変質してしまっていたりしてしまい、時計の劣化が早まってしまうことにもなるので、定期的にメンテナンスをしましょう。

ショパールとはスイスの高級ジュエリーメーカーで、宝石を多用した女性向けの腕時計を主流に販売しています。

ショパールのハッピーダイヤモンドをお探しの方はこちら
ショパールの指輪の関連情報